光岳 (2,591m)
  

2007年11月24日(土) 静岡県と長野県の県境にたおやかな山容の日本アルプス最南端の光岳(てかりだけ)に登った。

祝日(勤労感謝の日)と土日が重なり3連休となったので、南アルプス最南端の光岳(2,591m)に日帰りした。
易老渡の駐車場に夜半に到着、仮眠をとり4時30分頃にヘッドランプを頼りに登山口の橋を渡り歩き始めた。
面平を過ぎたあたりから登山道は雪道となるが、登山者の踏み後があり迷うことは無かった。

光岳山頂へ11時30分に到着、光石を往復した。
光岳山頂からは展望は無いが、光小屋やイザルケ岳から聖岳、上河内岳、茶臼岳、富士山の絶景が楽しめた。

光岳への日帰りはかなりハード、下山時は膝が笑いだしていた。
光小屋に一泊するか、聖岳へ縦走するコースを選択した方がいいように思った。
光小屋は冬場は無人小屋として開放されている、金曜日は15人ほど宿泊していたと聞いた。

積雪期である11月の南アルプスにしては雪が少なく快晴だった。
積雪で山頂まで行けるか分からなかったが撤退を覚悟で登った光岳、山頂付近からの展望は最高に素晴らしかった。

来シーズンは南アルプス(悪沢岳〜赤石岳〜聖岳)縦走を心に誓った光岳でした。



コース : 

易老渡登山口〜面平〜易老岳〜静高平〜光小屋〜光岳山頂〜イザルケ岳〜易老岳〜易老渡登山口

      





朴葉寿司(ほおばずし)は美味しかった。

飛騨地方の南部から東・中農地方、長野県木曽地方の郷土料理。ホオノキの葉に酢飯に、貝、キャラブキ、紅生姜などをのせている。
こうばずし


4:25 易老渡の駐車場より遠山川にかかるつり橋を渡る。
寒いので防寒着とヘッドランプを頼りにゆっくりと登った。
6:10 面平  スギとヒノキの大木の中を歩いた。新雪が目立ちはじめた。
8:50 易老岳(2,354m)
展望なし、新雪が10センチほど積もり、かなり寒い。
4時間20分(CT5時間)で登ってきたが先はまだ長い、雪の深さが不安となった。

 

易老岳の山頂

易老岳は茶臼岳と光岳の分岐となる


易老岳より三吉平に下り静高平へ登り返す
風が強くかなり寒かった。
擦れ違った登山者は皆テント泊か無人小屋泊の重装備だった。



易老岳を下ると光岳が前面に見える

西方面の眺め

ゴーロの谷筋と呼ばれている

振り返ると綺麗な稜線


10:30 静高平
水場は雪の下、涸れていた。
10:40 センジケ原
イザルケ岳との分岐となる。
木道を登る、その先は光小屋と光岳山頂



静高平

水場

イザルケ岳との分岐

木道と光小屋


11:15 光岳(2,591m)
易老岳より2時間25分(CT2:45)と雪の山道としてはほぼ予定通りでした。


光岳山頂の全景

光岳山頂の標識

光岳(2,591m)

南アルプスの山頂の標識 だんご?


11:20 見晴らし台
山頂からの展望はよくない、山頂の横が見晴らし台となっていた。

11:30 光石

山頂から10分程で光石に着く。


見晴らし台より光石

見晴らし台より南方面

光石の全景

光石に近づいてみると・・・


12:00 光小屋で休憩。
冬場は無人小屋として開放、この時は若い男性が一人連泊していた。
小屋の入口は階段を登った2階部分から、部屋の中はとても綺麗だった。

日帰りなのであまり余裕が無くすぐに下山した。


光岳からの下り上河内岳

山頂付近の積雪(10cm程)

光小屋とイザルケ岳

光小屋と富士山

光小屋

小屋よりイザルケ岳、富士山


12:20 イザルケ岳(2,540m)
山頂からの展望は絶景で最高でした。
富士山の山容はやはり日本一です。
風が冷たくてすぐに下山です。


聖岳

聖岳(3,013m)、上河内岳(2,803m)、茶臼岳(2,604m)

富士山

富士山

光岳

下山時にイザルケ岳の山頂を振り返る


tekari
クリック↑

イザルケ岳より


イザルケ岳〜易老岳まで1時間40分で下山。
視界のない樹林帯は急いで下山しました。



イザルケ岳

センジケ原

視界なしの登山道

三吉ガレ?西方面

三吉ガレ?真下を覗いた

新雪の登山道


14:08 易老岳
駐車場まで先は長い・・・・



15:35 面平
ここから登山口までが急な下りで膝がわらいました(^-^)


落葉の上を歩くので滑りまくりです・・・

面平の標識、疲れでピンボケ・・・


16:30 登山口
11時間10分の超ハードコースを無事に下山。
駐車場から遠山川林道を降りるのに1時間。
R152矢筈トンネルを抜け飯田IC手前の温泉
「湯〜眠」に浸かり汗を流した。




*光岳はホームページ作成時の僕のハンドルネームとした記念の山です。
  今回、積雪の中でしたが山頂に立てとても感動しました。
  予定では来シーズン以降に聖岳より光岳を2泊3日で縦走を考えてました。
  連休中、太平洋側は天気良いとの天気予報であり、思い切って出かけました。
  結果は日帰りというキツイルートでしたが、素晴らしい天気と絶景に感動した登山でした。







<山のコラム> (ガイドブック参考)
光岳と書いて「テカリ」岳とはなかなか読めない。
山頂付近南西に山名のもとになった光石と呼ばれる石灰岩質の岩峰があり、白く光ってみえる。
この石灰岩をテカリ石と呼びそこから命名された山名である。



戻る



inserted by FC2 system