鳳凰山  観音岳(2,840m) 薬師岳 地蔵岳


2005年4月30日(土)、5月1日(日)と南アルプス北部の鳳凰山に登った。
鳳凰山とは南アルプス北部の薬師岳、観音岳、地蔵岳の三山の総称です。
三山を縦走するコースは夜叉神峠から青木鉱泉か御座石鉱泉が一般的ですが、車を利用して三山を縦走する場合、青木鉱泉か御座石鉱泉を利用すると便利とのことです。
ゴールデンウィークの期間はまだ山頂付近は雪があり、アイゼンとピッケルかストックは必須と聞いたのですが、ほんとに必要なんかと半信半疑でしたが一応持って出かけた。
4月29に大阪より車で名神、中央自動車道で韮崎ICで降りて青木鉱泉の駐車場にとめた。





コース: (1日目:ドンドコ沢コース、2日目:中道コース)
 4/30:青木鉱泉駐車場〜鳳凰ノ滝〜白糸ノ滝〜五色ノ滝〜鳳凰小屋〜地蔵岳〜鳳凰小屋(泊)
 5/01:鳳凰小屋〜観音岳〜薬師岳〜薬師岳小屋〜薬師岳〜青木鉱泉






1日目(4/30)  青木鉱泉より地蔵岳へ


 
7:40 青木鉱泉より登り始めた
明治の建物を復元した風情ある母屋
母屋の前には広々とした休憩場がある
青木鉱泉


10:15  鳳凰ノ滝 
鳳凰ノ滝




青木鉱泉から鳳凰小屋への登山道は’ドンドコ沢’と呼ばれている。
快晴の中、青木鉱泉から登り始めたが坂が緩やかなのは最初の沢歩きのみ、あとはひたすら急登ばかり。
最初の滝’南精進ノ滝’へは寄らず鳳凰ノ滝を目指す。
この間が急登できつい、地図ではすぐだが中々着かない。
通り過ぎたのかと思う頃に鳳凰ノ滝に到着した。
青木鉱泉を登り始めて2時間35分。
かなりの急登です、後で鳳凰小屋の人に聞いたのですがドンドコ沢コースは北アルプスの笠新道とほぼ同じくらいの急登だそうです。




11:30 白糸ノ滝
白糸ノ滝


12:20 五色ノ滝
滝壷にはまだ雪が残ってた
ここから鳳凰小屋までは残雪の登山道だった
五色ノ滝


14:30 鳳凰小屋に到着

鳳凰小屋の手前の雪道、靴の踏み後が沢山あり鳳凰小屋への登山道に迷った。
本日はここに宿泊するのでリュックを置いてサブザックに水とアイゼンを入れ
地蔵岳を目指して登リ始める(14:45)

鳳凰小屋への雪道 鳳凰小屋


地蔵岳への最後の登り
上に見えるのが「地蔵岳のオベリスク

登り始めは雪道でしたが、途中からご覧の通り白砂道、3歩進んで2歩滑り下りる登山道
地蔵岳への急登


15:30 地蔵岳(2,764m)のオベリスク
青空の下、鳳凰山のシンボルとも言えるオベリスクの絶景
オベリスク


鞍部へ飛び出すと目の前に雪を被った北岳、間ノ岳がドッシリと構えていた
素晴らしい眺めに暫く呆然となった。手前は賽の河原の子授け地蔵
賽の河原と北岳


風が強いのか横に倒れていた地蔵岳の標識。賽の河原からオベリスクの眺め

地蔵岳 オ゛べリスク



風が強くなり寒くなったので20分ほどで下山することにした。
鳳凰小屋への下りは砂道なので早く30分位で小屋に着いた。

ゴールデンウィークなので鳳凰小屋もほぼ満員の状態だった。
山小屋も色々泊まったけど、ここの最悪なのはトイレ。
小屋の外にあり、鍵も壊れていて明かりも無いポットン便所。
山小屋だから仕方がないのか・・・
結局次の日の朝もトイレには行けなかった・・・


夕食のカレーを食べてビールと持参のウイスキーをチビチビ呑んだ。
小屋の寝具は夏用のシュラフと毛布で一人畳1畳あった。
疲れていたのか20時頃には爆睡・・・・








2日目(5/1)  観音岳・薬師岳を経て青木鉱泉へ


6:20 観音岳(2,840m)の山頂

昨夜は早く寝たので5時前には目が覚めていた。今日の天気は午前中は晴れるらしい。
早速準備して出発する(5:30)
小屋の前より観音岳への登りは雪道なのでアイゼンを付けて登った
1時間程で尾根に出ると絶景が待っていた。暫くは稜線歩きとなる
観音岳への登り 観音岳山頂


観音岳の山頂からの大パノラマ
南より「間ノ岳」「北岳」「千丈ケ岳」「甲斐駒ケ岳」
観音岳の山頂より


目前に迫る「北岳」(3,192m)

山頂より北岳


2003年9月に登った「甲斐駒ケ岳」(2,967m)
甲斐駒はどこから眺めても山容が素晴らしい! 手前は地蔵岳のオベリスク

甲斐駒ケ岳


「富士山」(3,776m)も眺められた。 手前は薬師岳

富士山


観音岳から薬師岳へ向う途中に観音岳を振り返る
山頂の雪道と観音岳の全景
山頂の雪 観音岳の全景


7:55 薬師岳の山頂
10分ほど下ると薬師岳小屋がある。天気予報と中道の状況を聞いたら丁寧に教えてくれた。
この小屋にはテレビがあり天気予報が見れるとのこと。

薬師岳の山頂 薬師岳小屋


8:35 中道を下山開始
中道の下山道 御座石



雪道の下山に悪戦苦闘!
足が太ももまではまり引っこ抜くのが大変です
またいつズボッとはまるか分からない・・・

9:30  御座石 

12:10 中道登山道入口

12:45 青木鉱泉

残雪の中道の下山時間は4時間10分でした。
地図では3:55となってます

青木鉱泉で温泉に浸かり疲れた足腰肩を癒した。

13:30 大阪を目指して青木鉱泉を出発した









【山のコラム】ガイドブックより抜粋

鳳凰山は、一般的には鳳凰三山と呼ばれている。
花崗岩質の山頂部は白砂とハイマツに覆われた稜線でつながり、岩が風化して出来た白砂により山稜は雪のように白い。
かっての信仰登山の名残として、地蔵岳と赤抜沢ノ頭の鞍部にある賽の河原には多数の子授け地蔵が並んでいる









戻る

inserted by FC2 system