武尊山 (2,158m)



  
 
2015年5月30日(土)群馬県の武尊山(ほたかやま)に登ってきました。

登山コースは武尊神社からのピストン。
山頂付近は残雪あり、鎖場あり、変化に富んだ登山でした。

天気は快晴、山頂からは360度の絶景を堪能できました。
山頂でゆっくり展望を楽しみながらペンションの弁当を食べました。

本州最後の百名山に相応しい天気と絶景に恵まれました。







コース : 武尊神社 ~ 手小屋沢避難小屋 ~ 武尊山 ~ 手小屋沢避難小屋 ~ 武尊神社







6:30  裏見の滝駐車場

前日は登山口に近い水上町の「温泉ペンション花さき山」にお世話になりました。
ペンションから駐車場まで20分位でした。
朝食は弁当にして貰い山頂でゆっくり頂きました。









7:10 林道終点の登山口

登山口手前に駐車場が整備されていました。20~30台は駐車可能。
事前に知っていれば未舗装でもここまで来れたのに・・・・




 
 





8:00 手小屋沢避難小屋

この先から残雪がありましたがアイゼンは不要でした。
鎖やロープの設置された岩場が二か所ほどありました。





 

 





9:10 鎖場を登りきると絶景でした。

山頂へは雪渓を歩き、展望のいい尾根歩きです。





 
 





9:30 武尊山(2,158m) 沖武尊

天気は快晴なので展望は360度抜群でした!



ペンションの弁当、美味しかった~
1時間ほど山頂で展望を堪能しました。登山者も続々到着!

10:30下山開始





奥白根・皇海山方面

尾瀬(至仏山・燧ケ岳)方面
 
谷川岳方面
 
剣ケ峰山・沼田市方面





下山コース(スマホにて)


 雪渓の向こうは尾瀬の山々
 
雪渓の向こうは武尊山
 
鎖場
 
雪渓歩き





下山コース
素晴らしい展望でした(^o^)

12:20 林道終点登山口

 
 
 
 




武尊神社・裏見の滝

武尊川にかかる高さ80mの瀑布、豪快に流れ落ちる滝の裏側を歩けたことからこの名がある。

帰阪前に「湯テルメ谷川」にて汗と疲れを癒しました。



 
 
 
 











<山のコラム> ガイドブックより
浸食によって多くの谷に刻まれた成因の古い火山

武尊山は、同じ群馬県北部でも谷川連峰や尾瀬周辺の山々とは一線を画すように聳える独立火山峰である。
成因は、約100万年前の火山活動と古く、長い年月を経て山体は浸食が進んでいる。
北面は武尊沢や手小屋沢、南面は、川場谷や西俣沢などが放射状に切れ込み、山腹には多くの谷と尾根が生じ、穂高九十九谷などと呼ばれる。
一方、裾野は広大で、山麓には、溶岩流によって形成された玉原高原、上ノ原高原、武尊高原などがある。
登山道は、寛政年間(1789~1801)に江戸八丁堀の行者たちが開いたという。








戻る


inserted by FC2 system